coen / dictionary
第1話 コーエンとリネン

about linen リネンとは?

フラックスの写真

「フラックス」という、
青い花の植物からできるリネン

リネンワンピース、リネンシャツ、リネンスカート、リネンエプロンやシーツ、クロスなど、私たちが「リネン」と呼ぶ生地は、このフラックスから作られます。

日本語の「麻」は、リネン(亜麻)も含めて、ヘンプ(大麻)、ジュート(黄麻)、ラミー(苧麻)など、植物の茎からとれる繊維をまとめて呼ぶ言葉で、原料の草にはいろいろな種類があるのです。

quality of linen リネンの魅力

リネンの魅力は、なんといってもその吸湿性の高さと乾きやすさです。涼しくムレないので清潔で、夏に快適な素材と言えるでしょう。でも実は、繊維の中に空洞があるため、抜群の保温性も兼ね備えています。

また、リネンは軍事にも使われていたくらい丈夫で、10年、20年と使えます。その理由は繊維がクリップのようにつながっているから。

そして繊維は、ペクチンで覆われているので水をはじきます。繊維の隙間に水を吸い込みますが、水が繊維の奥まで入り込むことはないので乾きやすく、汚れも落ちやすいというわけです。

how to care  リネンのお手入れ

リネンに霧吹きで水をかける写真

how to care  リネンのお手入れ

お手入れが難しいイメージがあるかもしれませんが、リネンは普通に洗濯機で洗えます。むしろ、乾いている時に比べて水に濡れている時の方がより丈夫になる性質を持っているので、洗濯の時に繊維が痛みにくく、繰り返しの洗濯にも耐えることができるのです。洗剤は、おしゃれ着用のものを選べばより柔らかく仕上がります。

乾かす時は、アイロンを当てなくても、よく伸ばして干すだけで独特のシワ感が上品に、おでかけの感じが残ってくれます。

保管時のシワが気になる場合は、霧吹きで水をかけてハンガーにかけておくと自分の重みで伸びてきます。

また、バスルームの中にかけておいても蒸気でシワが伸びるので手間いらずです。

coen’s best relaxed linen for daily  coenの選ぶリネンとこだわり

coen 100% FRENCH LINEN タグの写真です。

100% french linen ずっとこだわるフランス産リネン100%

コーエンのリネンへのこだわりは、フレンチリネン100%ということです。
衣料に適した最上級のフランス産リネンだから、チクチクすることはなく、
しなやかでやわらかく、光沢感があるのが特徴です。
肌にあたるものだから、やさしく、肌にもいい、気分もいい。
天然素材の持つ機能性と着心地をぜひ感じてみてください。

coen のリネンシャツ

not only basic 定番、なだけではありません

アイテムは、定番のシャツ、女性らしいブラウス、着回しやすいパンツ、大人顔のワンピースなど幅広く展開していますが、毎年アップデートを繰り返しています。カジュアルななかにもきれいめに見えるのがコーエンのフレンチリネンシリーズです。

また、リネンの持ち味を出すために一度洗いにかけた状態でお店に並ぶので、洗っても縮む心配もありません。コーエンでは、秋冬シーズンにはウインターリネンとしての展開もしています。

coen 100% FRENCH LINEN タグの写真です。

more variations フリル、ギャザー、チェック、ストライプ...etc

ブラウスをはじめ、バリエーションの豊富さもコーエンのリネンアイテムの楽しみのひとつ。ギャザーやフリルなどの女性らしいディテール、チェックやストライプなどの柄や色、同じリネンでも雰囲気はさまざまです。

coen のリネンパンツ

enjoy! easy chic 気軽にお洒落を楽しもう

コーエンのブランドコンセプトは、easy chic “気軽にお洒落を楽しもう”。
コンセプトにも通じますが、サイジングは”リラックス”感を大事にしています。
パンツやワンピースは、ストレスを感じない、
程よくリラックスできるシルエットです。

フレンチリネンデニムの写真

like a denim デニムライクなリネン

コーエンのリネンでここ最近人気のアイテムのひとつに、フレンチリネンデニムがあります。リネンの良さはそのままに、デニムの様に使える、着まわし力抜群のシリーズ。
コーディネートの幅が広がります。

style コーディネート実例

Style 1
ブラウス ¥4,000 + tax
DETAIL
Style 2
ワンピース ¥6,000 + tax
DETAIL
Style 3
ブラウス ¥4,000 + tax
DETAIL

二子玉川の美容室 ヴィスナ(visuna)を営む角野ますみさんに、コーエンのリネンを私服に合わせて着こなしていただきました。

普段から仕事着としてもリネンを着ているという角野さん。 「服についた髪の毛もさっとはらえば落ちますし、ドライヤーを使っても暑くならないので。夏は袖をまくって、冬は重ね着で、ずっと着られるのがいいですね。」

コーディネートのポイントとしているのは、小物使いと全体のバランス感。ハットやバッグ、カラーソックスがスパイスとなってこなれた雰囲気に。

「髪を切ったので。」と、子供用ハットでバランスをとるあたりには流石のセンスが光ります。

Style 1
ブラウス ¥4,000 + tax
DETAIL
Style 2
ワンピース ¥6,000 + tax
DETAIL
Style 3
ブラウス ¥4,000 + tax
DETAIL

Men’s Cotton Linen コットンリネンという選択

メンズのリネン素材の使い方は、コットンと混紡すること。メンズにとっての定番素材であり、年間を通して身近なコットンにリネンを混ぜることで、涼しさや吸湿性、
そして季節感をプラスしています。

サイズ感、襟の大きさ、ステッチの間隔等、ちょっとしたところに今年らしさを盛り込んだコーエンのコットンリネンシャツ。さりげなく胸元に顔をのぞかせるアイコン・コーエンベアとともに、ブランドのベースにある親しみやすさを追求していきます。

selected item 今回、ご紹介したアイテム

BACK NUMBER

第1話 コーエンとリネン
第1話  コーエンとリネン
第2話 コーエンとコットン
第2話  コーエンとコットン
第3話 EASY CHICなハワイの楽しみ方 〜赤澤 かおり流 〜
第3話  EASY CHICなハワイの楽しみ方
〜赤澤 かおり流 〜
第4話 赤い鼻のクリニクラウンとコーエンのTシャツ
第4話  赤い鼻のクリニクラウンと
コーエンのTシャツ
第5話 ウインターリネンとウインターコットン
第5話  ウインターリネンとウインターコットン
第6話 コーエンがめざす着心地・シルエット
第6話  コーエンがめざす着心地・シルエット
第7話 洗えるウール
第7話  洗えるウール
第8話 カバーリングウール
第8話  カバーリングウール
新形状中綿アウターとダウン
第9話  新形状中綿アウターとダウン
原田郁子さんが歌う、コーエンのクリスマス
第10話  原田郁子さんが歌う、コーエンのクリスマス
コーエンのシャツ
第11話  コーエンのシャツ
コーエンのパンツ
第12話  コーエンのパンツ