WORK WEAR-ワークウエア-

ワークウェアとは、直訳すると「作業服」。
動きやすくて丈夫だから、
古くから日常着として愛されてきました。
等身大でいられる、ナチュラルなワークウェアは、いまの時代にこそ必要なもの。
趣味も仕事も諦めたくない、欲張りな大人の、新しい定番服になりそうです。
陶芸が盛んな町、栃木県・益子町に移住し、
陶芸を始めた妻とカメラが趣味の夫の、とある1週間をご紹介します。

Day1カフェであれこれ話す、大切な夫婦の時間

作ったうつわを置かせてもらっている、ショップ兼カフェでティータイム。カジュアルになりすぎないよう、
シャツやブラウスを合わせて、シティライクに着こなし。自分の作品を多くの人に見てもらえるのって、うれしい。

Day2窯出しの日

上手に焼けているか、一番ドキドキする瞬間。大丈夫、今回はどれも綺麗に色が出たし、欠けも少なかった。
作業の日は、トップスの上にさっとオーバーオールのスカートをON。ポケットがたくさんあって、道具を入れるのにも便利。

Day3ひとりで好きなことに没頭

お店から、追加オーダーが入った!今日は1日作陶の日。静寂に包まれた工房で、ひんやりとした土に触れていると、 とても満ち足りた気持ちになる。汚れても気にしない、シンプルなカットソーとパンツがベスト。

趣味のカメラを片手に森を散策。
少し肌寒い山道を歩くときは、コートの下にシャツをレイヤードして、あたたかさもしっかりキープ。

Day4たまには家でゆっくり過ごす

仕事はほとんどリモートだから、出勤日だってカジュアルな装い。オンラインミーティングなら、
上半身だけシャツを着るなんて、ちょっとした手抜きもアリ。
集中して疲れたら、家のまわりをお散歩。自然のなかにいるだけで、いつもの仕事もずっと捗る。

Day5友達夫婦の家へ遊びに

同じく移住組の友人夫婦から、「家のリフォームが終わったから、遊びにきなよ」とお誘いが。おそろいのアイボリーのワークウェアに着替えて、ちょっぴりおめかし。みんな益子が気に入ったらしい。

Day6民藝の歴史を学ぶ

民藝・益子焼について学ぶため、〈濱田庄司記念益子参考館〉へ。ノーカラーシャツにパンツを合わせて、シンプルながらもクリーンな着こなし。民藝について知ることは、益子について知ること。

Day72人のこれからに思いを馳せる

民藝の父・濱田庄司氏が暮らした邸宅は、私たちのお気に入りの場所。ここにくるとスッと気持ちが落ち着いて、 思考がクリアに。そんな日は、全身ダークカラーに身を包んで、装いからも気を引き締める。次は、陶芸と写真の 合同展をしようか、なんてアイディアも。益子での暮らしは楽しい。

PRESENTプレゼント

【coenオリジナルバンダナプレゼント】
全国のcoen店舗、coen ONLINE STOREで5,000円(税込)以上
お買い上げいただいた方に先着でcoenオリジナルバンダナをプレゼント。
ぜひ、この機会にcoenをご利用ください。
※なくなり次第で終了となります。
※セール品は本キャンペーン対象外となります。

【coen ONLINE STOREご利用の方】
※バンダナの色はお選びできません。
※2/16(火)以降のご注文分から対象となります。

Copyright coen Co., Ltd. All Rights Reserved.