ブロックマネージャー

自然体の自分で成長できる。その魅力をもっとみんなに伝えたい

販売部/32歳
2009年5月入社

現在ブロックマネージャーとして働く自分も、最初はアルバイトからのスタートでした。
母体であるユナイテッドアローズの接客にとても好印象を持っていて、自分もこんな接客をしてみたい、と思っていたところに新しくできたコーエンの存在を知ったんです。

入社した当初から店長になるのが目標で、正社員への登用試験は積極的に受けました。店長試験の時だってそう。こうした明確なキャリアを描けることもそうですが、自分がやりたいと思っていることを自然と実現できる仕組みがコーエンにはあるんです。店長だった時にその次のステップであるブロックマネージャーの仕事に魅力を感じていて、口に出して「挑戦したい」と言っていました。
そういった声は会社がしっかりと受けとめてくれます。現在は念願叶いブロックマネージャーとして働くことができています。

私は、仕事において大事な時期である20代の内に、様々な経験をさせていただきました。入社から現在に至るまで、立場ごとに色々なことを吸収できたことが、今の充実した仕事につながっていると思っています。だから、やりたいことを実現して自然体で働く自分の姿から、ここでの仕事の楽しさをスタッフにも感じてもらえたらいいなと思いますね。

成長したみんなの姿を見るのが、管理職として働く現在の一番の醍醐味。GWやお正月など、アパレルとしての勝負所という時に、スタッフがイキイキと働いているのを見ると、目頭が熱くなることもあります。
“ただの職場”を越えて、ありのままの感情や想いを表現できる。コーエンはそんな会社だと思いますね。

他のインタビューを見る

インタビュー一覧

PAGETOPPAGETOP