リモートワークに最適な服装

2021.07.13 17:04

7days着回し第1弾
 
世の中の状況が変わり、ご自宅でお仕事をされる機会が増えた方も多いはず。もともとスーツなど、お仕事着がない職種の方もご自宅で着るお洋服に悩む事が増えたのではないでしょうか?
今回は、お洋服でできる"楽ちん"なお悩み解消法をcoenが回答いたします。
何を着れば良いか分からないという方もぜひ参考にしてみてください。
 
 

  このページの目次
  1. そもそもリモートワークとは?
  2. ストレスフリーな"ストレッチ素材"
  3. お手入れが楽?"シワになりにくい素材"
  4. 洗濯まではしない!簡単なお手入れ方法
  5. お洋服でする気温対応(暑いとき編)
  6. お洋服でする気温対応(寒いとき編)
  7. まとめ

 
 
そもそもリモートワークとは?
 
7days着回し第1弾

リモートワーク、テレワーク、在宅勤務など様々な呼び方がありますが、すべてオフィスを離れて働くことを意味しており、大きな違いはありません。

テレワークとは「tele=離れた所」「work=働く」を合わせた造語。情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。 働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、移動中や移動の合間に行うモバイルワーク、サテライトオフィスやコワーキングスペースといった施設利用型テレワークのほか、リゾートで行うワーケーションも含めてテレワークと総称しています。
『引用元:一般財団法人 日本テレワーク協会』


 
 
 
ストレスフリーな"ストレッチ素材"
 
7days着回し第1弾

デスクワークといえど、ストレスフリーなお洋服が理想ですよね。会議などがあればジャージのような部屋着見えするお洋服を着るのも難しいはず...。 そこでおすすめなのが"ストレッチ素材"を使用したお洋服!
"ストレッチ素材"は衣類に伸縮性を出すために使われる素材で、主にポリウレタン繊維を使用した素材が多いです。 ポリウレタンは綿やナイロンなどと複合させて製品化するため、ポリウレタン100%の素材はありません。最近ではポリエステル100%でも特殊な弾性糸を使用し、ストレッチ性を持たせた素材もあります。

 
 
 
お手入れが楽?"シワになりにくい素材"
 
7days着回し第1弾

デスクワークで気になるものといえば、お洋服のシワ。特に、スカートやパンツの座りジワが気になりますよね?"シワになりにくい素材"のポリエステル、ナイロン、ウールの素材を選べばお手入れが楽になるかもしれません。 これらの素材は繊維に反発性があってシワになりにくい特徴があります。逆にシワになりやすい素材は綿、麻、レーヨンなどです。これらは形状記憶性がありシワが残りやすいので注意が必要です。
ただ、綿や麻の素材でもポリエステルが複合されているとシワになりにくくなります。


 
 
 
洗濯まではしない!簡単なお手入れ方法
 
7days着回し第1弾

毎日の洗濯は面倒ですが、短時間の着用でも細かいホコリなどが付いてしまいます。衣料用ブラシなどでホコリを掃ってハンガーに掛けて保管しましょう。こうするだけで洗濯頻度を減らすだけでなく、お洋服を清潔にしながらも傷めず長く着ることができます。 シワが気になる場合はお風呂上りの蒸気を使って取る方法も!お風呂上りの浴室内に、ハンガーを利用してシワのついた服をかけると蒸気が自然と服のシワを伸ばしてくれます。 しばらくしてシワが取れたら部屋に移して、水分を飛ばしましょう。

 
 
 
お洋服でする気温対応(暑いとき編)
 
7days着回し第1弾

夏のリモートワークとなるとエアコン使用回数が増えそう...。でも、お金もかかるし使用頻度はなるべく減らしたいですよね。 エアコンの電源を入れるのは簡単ですが、まずはお洋服で暑さ対策をしてみましょう。
通気性が良い素材といえばリネン(麻)素材です。 吸水性も非常に優れているため、汗をかいてもすぐに乾き快適に過ごせます。 着用していると涼しく感じる素材はレーヨン素材です。肌に触れるとひんやり涼しく感じる効果があります。また吸水性が高く消臭効果もあるので、気になる汗の臭いも和らげてくれるメリットもあります。


 
 
 
お洋服でする気温対応(寒いとき編)
 
7days着回し第1弾

冬場はもちろんですが、春夏も寒さを感じることはあります。寒さ対策のポイントは「いかに熱(体温)を逃がさないか」です。 保温性や保湿性の高い素材といえばウール素材ですが、シルク素材も保温性・保湿性に優れています。 熱伝導率が低いため、春夏は外気の暑さを伝えにくく、秋冬は寒さが伝わりにくく体温を逃がしません。シルク素材がパジャマによく使われるのも頷けますね。

 
 
 
まとめ
 
7days着回し第1弾

いかがでしたか?
これらの知識はリモートワークはもちろん、仕事以外の日常生活でも簡単に取り入れることができます。
おうち時間が長い今だからこそ、ぜひ実践してみてください。


coenでは今後もみなさまのファッションのお悩みにお答えできるように努めます。 よろしければ、教えてもらいたいファッションの悩みがございましたらこちらよりお聞かせください。(※)
定期的にお悩み解決コンテンツをお届けいたします。

※外部サイトに遷移します。

 
 
 
 
バックナンバー


7days着回し第1弾 USAコットンの魅力~これを見ればUSAコットンの魅力に気づくはず~

7days着回し第1弾 【梅雨を知る!】雨の日対策でもう濡れても悩まない

7days着回し第1弾 【もう首ヨレさせない!】Tシャツと長く付き合うお洗濯方法

7days着回し第1弾 おしゃれしながら紫外線対策